2019年10月01日

首都圏の住んでみたい街アンケート「恵比寿」が5年連続トップ――メジャーセブン

 マンション分譲大手7社で構成されるメジャーセブンでは、例年首都圏と関西圏で、『マンション購入意向者に聞く、住んでみたい街アンケート』を実施しています。その2019年版の結果が、2019年9月26日に発表されました。
img002.jpg
●「恵比寿」は断然トップの500ポイント台 
 今回の『マンション購入意向者に聞く、住んでみたい街アンケート』では、図表1にあるように、首都圏では「恵比寿」がトップで、2位が「品川」、3位が「目黒」などとなっています。
 1位と2位の「恵比寿」「品川」は昨年と同じですが、昨年の3位は「自由が丘」でしたが、今年は「目黒」が3位に入り、「自由が丘」は4位に後退しています。
 ポイントをみると、「恵比寿」は640ポイントで、500ポイント台はなく、2位の「品川」は435ポイントと、「恵比寿」の圧倒的な強さを感じます。
 
●「交通の便がよいから」で街を選ぶ傾向
 昨年に比べてのベスト10の順位の変化は、せいぜいワンランク止まりがほとんどですが、そのなかで、昨年は10位だった「表参道」が今年は7位に大きくジャンプアップしているのが目立っています。
 なお、「住んでみたい理由」をみると、トップの「恵比寿」から3位の「目黒」までは「交通の便がよいから」という理由が一番で、4位の「自由が駅」は「好きな沿線だから」となり、5位の「吉祥寺」は再び「交通の便がよいから」となって、6位の「二子玉川」は「商業施設が充実しているから」となっています。
基本は交通利便性ですが、そのほか、沿線イメージ、生活利便施設の充実なども重要なポイントになっているようです
img002 - コピー.jpg
●男女別にみてもトップはどちらも「恵比寿」
 男女別のベスト10は図表2にある通りです。
 男女どちらもトップは「恵比寿」です。男女ともに幅広く支持されていて、獲得ポイントの高さも頷けるところです。
 総合2位の「品川」は男性では2位ですが、女性では5位にとどまります。「品川」は、東京の南の玄関口として将来性が高く評価されている面があるものの、やはり住むよりは、働く街というイメージが強いのかもしれません。
img001.jpg
●関西圏では「西宮北口」が4年連続のトップ
 一方、関西圏をみると、図表3にあるようにトップは「西宮北口」でした。4年連続のトップ堅持です。
 2位は「梅田・大阪」で、3位が「岡本」、4位「夙川」、5位「宝塚」などと続いています。「梅田・大阪」は昨年の3位から2位に上がり、3位の「岡本」も4位から3位に上がりました。反対に、昨年2位だった「夙川」は4位に落ちています。

●関西では交通利便性とともに住環境重視
 トップの「西宮北口」と2位の「梅田・大阪」に住んでみたい理由の1位は「交通の便がよいから」ですが、3位の「岡本」、4位の「夙川」、5位の「宝塚」は「街並みがきれいだから」がトップになっています。
 首都圏でもやはり交通利便性が重視されていますが、関西圏では交通利便性もさることながら、住環境の良さも重視される傾向が強いようです。




posted by ky at 08:52| 意識調査