2019年10月06日

「選ばれるオフィス」目指して東急不動産が新本社で「働き方改革」の実証実験

 2019年8月から営業を開始した東京・渋谷にある東急不動産の新本社ビル「渋谷ソラスタ」。10月からお客を案内するライブオフィスとして始動、お客さまの「働き方改革」をサポートするワークプレイス提案を行えるように、新本社を使っての実証実験をスタートさせました。9月30日、その概要に関する見学会が開催されました。
006.JPG
●新たな取組みを科学的に測定して見える化
 東急不動産では、このほど建替えが終了して、2019年8月にオープンした東京都渋谷区南平台の新本社「渋谷ソラスタ」で、「コミュニケーションの活性化」「生産性向上」を目的にさまざまな取組みを行っています。
 なかでも、
・IoTを活用したスマートオフィス
・Green Work Style(効果的な緑の導入)
・フィットネスを取り入れた健康経営
 に関して、位置情報分析、コミュニケーション分析、脳波測定、自律神経測定、脈波測定などを実施し、新しいオフィスのあり方、働き方の提案を目指しているそうです。

●執務席数は在籍人数の50%以下に絞る
 まず、IoTを活用したスマートオフィスに関しては、最大で執務席を在籍人数の50%クまでとして、生み出される空間をラウンジなど多様なスペースとして利用します。そこでは、従業員自らが時間や場所を選択しながら働く、グループABW(グループアドレス)を導入します。
 従業員はその日、その日、あるいはテーマなどに応じて自由にスペースを活用するわけですが、スマートオフィスアプリによって、従業員同士の位置情報を即座に確認でき、コミュニケーションなどの問題はありません。
023.JPG
●オフィスにおける緑の効果を科学的に実証する
 Green Work Style(効果的な緑の導入)に応じて、オフィスの至るところにグリーンが設置されています。それも、つくりものではなく、本物の緑にこだわっています。
 緑の豊かな空間のほうが、ストレスから開放されて、仕事の能率も上がるのではないかというイメージがありますが、それを実証実験によって証明しようとするのが、最大のポイントです。写真にあるように、緑に囲まれた会議室、執務席で実際に仕事をして、脳波を測定することで、緑が働き方に貢献することを証明したいとしています。

●緑豊かな空間のほうがストレスが少ないなどの効果
 東急不動産では、実は本社の建替えの間の移転先だった青山の本社でも、各種の実験を行ってきました。その結果、
・緑のある空間のほうが、快適度が6.5%上昇してストレス度が低くなる
・緑のある空間のほうが、作業集中度が7.3%高まる
・緑のある空間のほうが、興味度が2.6%高まる
 といった成果が出ているそうです。新本社ではそうした結果をさらに追求して精度を高めていこうということのようです。
010.JPG017.JPG019.JPG
●わが国は初の「瞑想ポッド」の設置も
 東急不動産の新本社では、至るところにフィットネス施設が設けられています。仕事の合間に自転車を漕いだり、ヨガなどで軽くエクササイズすることで心身のリフレッシュを図れるようになっています。それが実際にどの程度効果があるのか、社員がウェアラブル心拍センサを装着して自律神経機能を測定することで、効果を可視化します。
 さらに、わが国では初めてといわれる瞑想ポッドを設置します。瞑想した場合と瞑想しない場合、また瞑想ポッドで瞑想した場合と通常の場所で瞑想した場合の違いなども測定して、効果を検証します。

●10月、11月と実験を繰り返して年初に発表
 東急不動産では、こうした実証実験を10月、11月と継続して実施、年末にはその結果を分析、20年の春には報告書として発表できるようにしたいとしています。
 その結果に応じて、より効果が高まるような体制に改めながら、これからのオフィスづくりやオフィス営業などに活かしていきたい考えです。
 果たしてどんな結果でるのか、発表時期が待たれます。

posted by ky at 09:03| オフィス・商業ビル