2019年10月07日

19年4月〜6月の住宅ローン新規貸出額は前年同期比で2.1%の増加に

 住宅金融支援機構では、1989年度から、日本銀行の金融統計に加え、各業界団体の協力を得て、業態別の住宅ローン新規貸出額および貸出残高に関する調査を行っています。2019年10月4日、その2019年4月〜6月分の結果が発表されました。

●持家着工の増加や金利低下が増加の背景に
 住宅金融支援機構によると、2019年4月〜6月の住宅ローン新規貸出額は4兆8412億円でした。18年4月〜6月は4兆7394億円でしたから、前年同期比では2.1%の増加になります。
 このところ新設住宅着工戸の総計は停滞気味でしたが、持家だけは19年に入ってから着実に前年比で増加が続いています。加えて、長期金利が低下して、民間住宅ローン金利も低下傾向にあることが、この住宅ローン貸出額の増加につながったのでしょうか。

img001.jpg


●住宅金融専門会社が伸びて信金は停滞
 業態別に明暗がハッキリしています。国内銀行は前年比2.4%とほぼ全体平均と変わらないのですが、信用金庫は5.6%、信用組合は7.3%のマイナスでした。地域金融機関の苦戦が目立っています。
 反対に好調だったのは、生命保険会社と住宅金融専門会社。ともに22.6%、37.9%の増加でした。
 また住宅金融支援機構(買取債権)、つまりフラット35(買取型)は3.6%の減少でした。




posted by ky at 08:14| 住宅ローン