2019年10月08日

賃貸情報サイトのランキングで「スーモ」が4年連続のトップに――オリコン調べ

 顧客満足度などの各種調査で定評のあるオリコンは、「賃貸情報サイトのランキング」調査を実施しています。その最新の調査では、賃貸情報サイトを運営している13社を対象に、実際に利用した人たち3001人から回答を得ました。

●賃貸情報サイトの充実で不動産会社離れ進む
 このところ、賃貸情報サイトの充実が進んでいます。賃貸マンションやアパートの物件情報はもちろんですが、近隣の生活情報などの住まいにまつわる特集ページも充実していますから、実際にその街に行かなくても、ある程度の雰囲気をつかむことができます。
 物件の検索も家賃、間取り、最寄り駅からの徒歩時間、築年数など細かな条件で絞り込みができますし、気になる物件があればサイトを通して見学の問い合わせもできます。
 そのため、最近は訪れる不動産会社数が減少し、見学する物件数も少なくなっています。事前に情報サイトで絞り込みを行って、最後に不動産会社と接触するようになっていて、かつてのような不動産会社頼みという人は減っています。
img002 - コピー.jpg
●トップの「スーモ」と2位はともに68点台
 その賃貸情報サイトのランキングでトップに上がったのはリクルートの「SUUMO(スーモ)」でした。同サイトがトップになったのは今年で4年連続だそうです。
 2位は「LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)」で、3位が「at home(アットホーム)」という結果でした。1位の「SUUMO(スーモ)」と「LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)」の得点は68点台と比較的拮抗していますが、3位の「at home(アットホーム)」は66点台とやや離されています。図表1にある通りです。
img002.jpg
●「検索のしやすさ」を最も重視する傾向に
 この調査では、「サイトの使いやすさ」「物件情報の充実度」「問い合わせのしやすさ」「検索のしやすさ」「特集・キャンペーン」の5項目の評価を聞いて、総合得点を出していますが、各項目の重視度を聞くと図表2のようになっています。
 5項目のなかで最も重視されているのは、「検索のしやすさ」で、次いで、「物件情報の充実度」でした。反対に「特集・キャンペーン」などはさほど重視されていないようです。

●「検索のしやすさ」では「ライフルホームズ」がトップ
 総合評価でトップに立った「SUUMO(スーモ)」は、「サイトの使いやすさ」「物件情報の充実度」「問い合わせのしやすさ」「特集・キャンペーン」の4項目でトップの評価でした。残りの「検索のしやすさ」は2位の「LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)」がトップになっています。
 全般的には「SUUMO(スーモ)」が優位でも、最も重視されている使い勝手の良さでは「LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)」がトップですから、両者のしのぎを削る戦いが続きそうです。




posted by ky at 08:10| 賃貸住宅