2019年10月21日

「次世代住宅ポイント」の2019年9月までの申請件数累計は2万戸を突破

 2019年10月から消費税引上げの影響を緩和するための住宅取得支援施策のひとつとして、今年4月からスタートしている「次世代住宅ポイント」。19年10月18日、国土交通省から、その9月分の申請実績と発行実績が公表されました。
img002 - コピー.jpg
●9月の申請実績は前月比で32.1%の増加
 国土交通省が発表した2019年9月の「次世代住宅ポイント」の申請件数は、図表1にあるように、一戸建てが6769戸、リフォームが1141戸で、合計7910戸でした。この欄でも取り上げたように、8月の実績では、新築が5300戸、リフォームが686戸の合計5986戸だったので、前月比では32.1%の増加です。
 制度スタートからの累計をみると、新築は1万8605戸で、リフォームが3167戸、合計2万1772戸と2万戸台に乗せました。

●9月のポイント発行実績は約21億ポイント
 申請が認められて、実際にポイントが発行された戸数をみると、図表2にあるように19年9月分の実績は新築が5946戸、リフォームが663戸で、合計6609戸になりました。発行ポイントにすると、新築が約21億ポイントで、リフォームが約0.4億ポイント、合計約21億ポイントとなっています。
 制度スタートからの累計では、新築が1万4815戸で、約52億ポイント、リフォームが2412戸で、約1億ポイント、合計が1万7227戸で、約53億ポイントとなっています。

img002.jpg

●予算枠は新築1032億円、リフォーム268億円
 1ポイントは1円なので、9月は21億円、累計で約53億円に達しています。それに対して、2019年度の予算枠は新築が1032億円、リフォームが268億円の合計1300億円です。申請期限は2020年3月末までで、予算に達しそうな場合には、それ以前に打ち切りになる可能性もありますが、まだまだ十分に余裕がありそうです
 ただ、実際に消費税が引き上げられたのは10月からですから、申請や発行はこれからいよいよ本格化するものとみられます。予算枠に余裕があるからといって油断せずに、毎月の動向をチェックしておきたいところです。 



posted by ky at 09:36| 住宅取得支援策